• 長谷川光志

新春ツーデイズ!


1月11日、下北沢bigmouth

1月12日、新井薬師前ナカノステレオ


これしか言いようがないから言うね。二日とも


「今夜は最高!」





「光」



去年の自分に会ったら伝えてあげなよ


「大丈夫だ、今はそのままでいなさい」ってね


どこからか風が吹きこんで


向こうに小さく光が見えて


あれが空だとわかったとき


暗闇を振り返る勇気も湧くだろう


そしてそのあと


光に向かって歩きはじめるとき


変わっていくのは景色ではなく


自分自身だと気づくだろう



(2018年 ライブ始めに寄せて)


0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆