• 長谷川光志

書きつける日々


思考して言葉をつむぐことをやめちゃいけないと、打っては消したり、書いては消したりを続ける。できないことを俎上にのせて卑下するよりも、今できることをやり続けることがきっといい。それがよかったんだってきっと思う。

もともと絵が好きだし書くことが好きで、手書きが好きだ。

納得いくまで何度も何度も書き直す、推敲するのも気持ちがいい。続けていると、あるときピースがきれいに揃う瞬間が突然訪れる。ささやかなエクスタシー。なんでもいいからとにかくなんでも書いていると、指先の動きと脳のはたらきが直結しているのを感じる。ぜんぶが体の一部なんだという気がしてくる。カラダ全体が目になり鼻になり耳になる感じがする。

口の中で音もしないで砕けた右上奥歯の詰め物が

ハンバーグと一緒にほろほろ、粉になって溶けてまじって

言葉にならないくらい不味い。(2020.11.5)


これは詰めものが取れたときの違和感が、平仮名にしたらいい感じに出た。


#詩 #ポエム #poem #手書き #希望 #ポストカード #一筆箋 #書きつける日々

#日記 #diary #preppy #万年筆 #シンガーソングライター #推敲 #言葉を紡ぐ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

シンガーソングライター、長谷川光志って いったい何なのだろう と考えてみる。 考えるほどわからなくなる代表格みたいな思いつきの疑問だけれど、考えてみたくなるときだってあるのだ。 ありもしない答えなら自分で作ればいいし、答えに近づくには比べないことだと思った。ただ自分で自分を「これが自分だ」と言えることってなんだろう、と。 それだけのことが難しい。 いったい僕はこれまでなにを支えにして、なにを指針に

歌と夢