• 長谷川光志

書きつける日々


思考して言葉をつむぐことをやめちゃいけないと、打っては消したり、書いては消したりを続ける。できないことを俎上にのせて卑下するよりも、今できることをやり続けることがきっといい。それがよかったんだってきっと思う。

もともと絵が好きだし書くことが好きで、手書きが好きだ。

納得いくまで何度も何度も書き直す、推敲するのも気持ちがいい。続けていると、あるときピースがきれいに揃う瞬間が突然訪れる。ささやかなエクスタシー。なんでもいいからとにかくなんでも書いていると、指先の動きと脳のはたらきが直結しているのを感じる。ぜんぶが体の一部なんだという気がしてくる。カラダ全体が目になり鼻になり耳になる感じがする。

口の中で音もしないで砕けた右上奥歯の詰め物が

ハンバーグと一緒にほろほろ、粉になって溶けてまじって

言葉にならないくらい不味い。(2020.11.5)


これは詰めものが取れたときの違和感が、平仮名にしたらいい感じに出た。


#詩 #ポエム #poem #手書き #希望 #ポストカード #一筆箋 #書きつける日々

#日記 #diary #preppy #万年筆 #シンガーソングライター #推敲 #言葉を紡ぐ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆