• 長谷川光志

映画が終わって、世界が始まる。



巨大台風が関東を直撃しようとしていて、明日は鉄道も計画運休、世の中は一日だけ止まることになっている。雨は降り続いている。


「海よりもまだ深く」(2016)を観た。


360度どこから見ても二枚目な阿部寛が、寝グセ頭でダサいTシャツを着たダメ親を演じる。こういうのは役者がいい男であればあるほど引き立つね。


何者かになろうとするが何者になりたいかわからず、何者になりたくないのかもわからず、しかし立ち止まっているわけでもない。己を支えるものもあるし、失いたくないものもある。よかれと思って振り絞った言葉が、言い訳のように響いてしまう。八方塞がりに見えても、世界は続いていく。


父親と子どもの関係というのがある。

母親と子どもの関係というのももちろんある。

それがどんな形になったとしても、世界は続いていく。

この映画は何も決着しない。ひと段落ついて、めでたしめでたしじゃない。元嫁、息子との来月の約束の日に、また失敗するかもしれない。次が本当の最後になるかもしれない。だがもしかしたら、その正反対になるかもしれない。この人たちがどんな未来を生きていくのか、それは映画最後のシーンから始まる。


園子温は「映画は質問状だ」と言った。大島渚は「わからないものをわからないままズバッと見せるのが映画なんだ」と言った。混沌の中に、何かが始まるという息吹を感じさせるのは最高のアートだと思う。

(是枝監督といえば最新作「真実」が公開されて明日はオフなのに、台風直撃だ。)


映画が終わったところから、世界は始まる。


#海よりもまだ深く #是枝裕和 #阿部寛 #真木よう子 #樹木希林 #リリーフランキー #小林聡美 #映画 #movie #世界の始まり #園子温 #大島渚 #コメディ #ドラマ #日記 #台風


0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆