• 長谷川光志

ハロウィーン

すれ違った救急車にドキリ


今夜はハロウィーン。


たまにしか開いてないバー

店先に座る小さなマリオ。 片膝を抱えて赤と青と

桃みたいな頬。

日没がいきなり風を冷たくして


はて、今日何をした。


空欄を無理やり埋めるように

日記を書くようにして

ひと駅分を歩く。


闇に溶けながら

音楽にうっとりと黒人が揺れる

イヤホンから流れるのは

夜明けの歌だった。



すっかり濃くなった夜の隙間を

ぽつぽつネオンが甘く灯す

ーまるで映画のフレームレート。


ぼくはその気になって

すたすた歩く。

もしもこの道すがら

ばったり君に出会ったら

仮装を全部ひっぺがしてしまおう。


今夜はハロウィーン。


#ハロウィーン #詩 #poem #ポエム #10月31日 #詩作

最新記事

すべて表示

こころ

心に負った傷が痛んで、疼いて、それが続いてもうダメかもしれないというところまで耐えたとき、君の近くに君と同じように痛みに耐えている人がいることに気付くだろう。 そして、その人のために何かできることはないか考えるはずだ。 そのとき「こころの超回復」がおこる。 前よりも強く、優しい君になる。 想像することの前には常に体験がある。 それを繰り返して少しずつ大きく、深い君になっていく。 #日記 #詩 #こ

0グラム

たとえば「光」という文字 それ自体が光を放つわけではない。 ひとり「愛」と囁いてみても 言葉自体に愛は内包されていない。 「幸せ」も「楽しい」も 「苦しい」もほかのどんな言葉も それだけを抽出すしたら単なる記号で 重さ0グラムの頼りない記号。 実体不在の器みたいなものだから そこに意味を注ぎこみ、 存在する意味を与えるのは 言葉を使う人間に完全に委ねられている。 たとえば刃物をどう使うかで 人を生

  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA