• 長谷川光志

トム・ペティ #1

更新日:2019年10月9日


10月2日はトム・ペティの命日だ。

いつもより早起きした朝、まだぼんやりとした頭でトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのライブをYouTubeで観る。亡くなる直前のツアーの映像。いまだに信じられない。こんなツアーをやってのけて、その一週間後に逝ってしまうなんて。


トム・ペティ逝去のニュースを知ったのは仕事の昼休みだった。スマホにニュースを告げるポップアップが出て、ギョッとした。反射的にポップアップを閉じてしまったのだが「トム・ペティ」の名前があった気がして急いでそのニュースを開き直したのだった。

その日は天気がよかったけれど、ありふれた、いつもの景色がなんだか色褪せたように見えて、それからしばらくはいつも以上にトムの曲を聴いていた。いなくなってしまったということは、トムの新しい曲がもう聴けないということだ。それを考えると、とても寂しくなった。そして生きているということは、新しいものを作り出せることなんだと思った。


たとえトムがいなくなったとしても、生み出した曲は色褪せない。今日も力強く、生々しく、心に訴えかけてくる。染み渡ってくる。そういう曲を、色褪せない曲を作り続けてきたんだと思い知らされる。


もしも、トムが生きていたら。

どんな曲を書いたのだろう、どんな言葉をつむいだろう。それを想像しながら音楽を楽しんだり、触れ合う時間の中を生きている。それはきっと俺の作る音楽にも影響を与え続ける。ないものを確かにつかみ取れるのは音楽の強さだ。「American Girl」のイントロが流れれば彼らはいつだって、目の前に現れる。


トム・ペティは最も愛するロック・シンガー、ミュージシャン、ソングライター。




#トムペティ #TomPetty #ハートブレイカーズ #TomPettyandtheHeartbreakers #ロックンロール #ロックアイコン #ロックバンド #ソングライター #AmericnGirl #最愛の #イラスト #手書き

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと