• 長谷川光志

The Wrestler

最終更新: 2018年7月3日


The Wrestler / ザ・レスラー


を観た。日本公開が2009年だから、9年ぶりに観たんだな。最初は大きいスクリーンで観たんだ、声を殺して号泣した。凄い映画なんだ、これは本当に。


「ブルース・スプリングスティーンがミッキー・ロークのために曲を提供した。ノーギャラで」

そんなエピソードを知ったら観るしかないじゃないか。


昔はスター、今は落ち目のプロレスラー。過去の栄光、試合のダメージとステロイドでボロボロの体、突然の心臓発作、引退、襲う孤独。


絶縁状態だった娘を尋ねる場面がある。わが子と向き合い、自分の過去と向き合おうとするそのシーンはとてつもなく希望的で、しかしそのあとには救いようのない絶望が待っている。

二度と見たくないほど悲しいけれど、本当に名シーンだと思う。


ラストも秀逸で、この映画は終わってから始まるんだと思わせる。

コーナー最上段からの“ラム・ジャム”のその先。誰もが思い描くはず。ハッピーエンドなのかそうでないのか。映画が終わってから大事なストーリーが始まる。すごい映画じゃないか。


そして間髪入れずにブルースの「ザ・レスラー」が流れる。この曲がまた最高なんだ。


“中身は砂粒と草だけの案山子を

見たことがあるならそれが俺

風に虚しく殴りかかる片腕の男を

見たことがあるならそれも俺

(中略)

でも血を流してあんたを満足させた

これ以上ほかに何を求めるんだ”

(The Wrestler / Bruce Springsteen)


詩も曲もシンプルなアレンジも

もちろん歌も素晴らしい。



#ザ・レスラー #TheWrestler #映画 #Movie #ミッキー・ローク #ブルース・スプリングスティーン #プロレス #ステロイド #チャンピオン #引退 #ドキュメント #Netflix



  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA