• 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA

  • 長谷川光志

涙の正体 (2つ目の窓)





河瀬直美の映画を観ると涙が溢れる。

その涙がどこからやってくるのか考えていた。


「2つ目の窓」(2014)を観た。


映画を撮るとき、その地に住んでそこで朝日を浴び夕暮れを眺めて、土地のものを食べて現地の「生活」をする。そしてその地の人になりきった共犯者たちとドキュメンタリーを撮る感じ。そうやって映画を撮るんだと、河瀬直美は言っていた。

大自然、現地の風俗、人間、原初的な感情。どの映画に描かれるのも突き詰めると同じものだ。一番最初に出会った「萌の朱雀」から一貫して。


泣かせる映画ではない。泣かせるドラマではない。

いつもそうだ。それでも涙が溢れだすのはなんだろう。


主人公の母親(ユタである)、松田美由紀が最期を迎えるシーン、集まった人間たちが三線にあわせて沖縄民謡を歌い踊る。新たな旅立ちを祝うパレード。喝采の中に無音を聞くよう。こんなふうに人が死んでいくシーンを、見たことがなかった。


カイトと杏子がすっ裸になって泳ぐ。解説なんていらない。説明がつかない正解たち。すべてがそんなシーンだ。



たしかに存在している物語。人の数だけ存在する物語。物語のもっと奥のほうで。命の根源のようなものに触れ、流れる涙。解放されたときの、つながったときの快感みたいなもの。


「殯の森」が忘れられないんだ。


#2つ目の窓 #河瀬直美 #村上虹郎 #阿部純子 #松田美由紀 #杉本哲太 #村上淳 #映画 #movie #涙 #沖縄 #ユタ #命はつながっている #殯の森