• 長谷川光志

好きの理由は説明できない→ギズモ←



説明できないことの代表「好きの理由」。


どうしてそれを好きなのか、言葉で説明すればするほど遠ざかり、手垢がついてしまう。それが虚しい。

たとえばトム・ペティを好きな理由を、言いたかったことを代弁してくれているとか、バンドが超一流にクールとか、あのボブ・ディランも認めたソングライターだからとか、極太のルーツを独自の表現に磨き上げオンリーワンの説得力まで高めたからとか、いろいろ言ってみたところでどれも当たっているしどれも空振りだ。理由なんて「好き」が連れてくる。


「ギズモ」の可愛さ!

あれはなんだ。なんでこんなに可愛いのかよ。あの可愛さはCGでは絶対出ないし、出せない。というか全然ちがう可愛さになってしまう。アナログってすごく良いんだよ。スター・ウォーズのヨーダもCGになる前のアナログヨーダのほうが圧倒的に好きなんだ。


ギズモは作り込みの度合いとか表情のパターン違いで何体も作られていちいちクルーが操ってるんだよね。バックパックの中やミニカーに乗ってるのを遠くから撮るときはコントローラーで動かしてるんだって。アップの撮影では、つながったワイヤーを通して、映らないところから一生懸命動かしてる。本当に、生きているように見えるんだよ。コメンタリーでスタッフ自ら「当時はローテクだったよな笑」とか言ってる。いまの技術ならなんでもできるって。テクノロジーがない分、できることはなんでも試したって。



ギズモが可愛いのはアナログだから。(もちろんキャラクターデザイン自体が超カワイイってのはある。)

でもなぜ「アナログが好きか」って、説明できないんだ。デジタルよりもアナログなものを好むこの嗜好。昭和生まれだから?郷愁?反テクノロジー志向?これってわからないんだ、自分でも。


きっと令和に生まれた人の中にも「このギズモが良い」って人がいて、それは説明できないけどどうにもたまらなく良いんだって人がいるはずだと、そう思うんだよなあ。


「グレムリン」最高。今年のクリスマスは「素晴らしき哉、人生」と「グレムリン」だな。決まりだな。



#グレムリン #映画 #ギズモ #好きの理由は説明できない #説明できない #アナログ #好き #昭和 #スピルバーグ #SF #お気に入り #日記 #クリスマス #コメディ


0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆