• 長谷川光志

「できない」の中の「できる」


片付けられた客席の代わりに用意されていた配信用機材。PCが二台、トラブル回避用含めてカメラは三台体制。事前の準備に当日の進行、ライブ後そのままステージで行ったインタビューまで含めて、ライブハウスの底力とチャレンジ精神を思い知る。限られた選択肢の中でベストを尽くし、最大限良いものを届けたい。楽しんでもらいたいという工夫に感動した。武器はたゆまぬK.U.F.U。知恵を結集し君をレスキューだ。誰かに敷かれたレールの上を歩いて行くことは楽だけれど/道もない荒れた原野にレールを作るのは苦しいことなんだ。日吉Napの挑戦を目の当たりにして、自分もステージでベストを尽くすしかないと思った。距離を超えて心に響くような歌をうたうしかない。



そして臨んだステージがこちらです。

https://youtu.be/jaWCkJNcwCA

ベストは尽くした。伝えたいこと、音源のこと含めてたくさんありすぎた。ひとつのステージじゃ足りないくらいだったよ。ぜひ見ていただきたいです。


しつこいですがLivepocket

https://t.livepocket.jp/e/ujwhs

明日(6/15)いっぱいまで受付してるので、動画見たあとでも「そうかそうか投げ銭してやろう」という方はぜひお気持ちいただけたらありがたいです。


後日きちんと編集した動画もアップしていただけるとのこと。今の状況からするとスケジュール管理だけでも相当大変だと思う。頭が下がる。嵐が過ぎたあと、歌うたいとして恩返しができるように頑張りますよ。歌の恩返し、ヒロシの恩返しだよ。


#配信ライブ #ライブ #ライブハウス #弾き語り #インディーズ #シンガーソングライター #アコギ #日吉Nap #東急東横線

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆