• 長谷川光志

ストリングス

更新日:2019年12月13日



しばられたい。


あそびなんかいらないんだぎゅっときつく


しばってくれよ髪の毛みたいなほそい糸で


君はだんだんきもちよくなってきて


だってはじめからこれがしたかたったのよ


糸のしんどうの呼吸でわかる


まる見え、それでぼくは恥ずかしくなる


味噌汁がうまくのめないし


プールの時間にはみんなのわらいものだ。




さてしばられていることに慣れてきたぼくは


ちからを緩められるとくすぐったくて仕方ない


このまま書店に行ってみよう今日は


お気にいりのブックファーストじゃなくて


もっと小さいとこがいいなそうだ、


ブックスハヤカワあたりがいいな


店のオヤジがぼくらの行為をずっと観察している


対角線にいっても鏡に映ってしまうし


手にとった本をレジにもっていって


お金を払って出ていくまでずっと見てるんだぜ


まいっちゃうよな、なんて言いながら


こんどはぼくがきみをしばりはじめていた


ダダリオのブロンズ弦、エクストラ・ライト。


おたがいぐるぐるまきになったあとで気づいた、


ぼくらみうごきがとれそうにないね。


きみが見ていないときにいろいろ


たのしいことしたかったのに



#恋をしよう #ストリングス #詩 #髪の毛 #糸 #プールの時間 #書店に行こう #ダダリオ #みうごきがとれないね #恋 #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

理由

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆

レアンカルナシオン

これは間違いだ、ということは間違いがなかった。 「わたしはどこかで道を間違えたんだ。」とはっきり彼女は思った。ただ過去のどの場面で、どの選択を謝ったのかはすぐにはわからなかった。 数えきれない選択のすべてを《正解》で数珠つなぎにしたような、私が歩むべき理想のコースがあって、それをあるとき一歩踏み外したのだ。その一歩がどれだけ致命的であるかを思い知った。 踏み違えたポイントを起点にして、あとはどれだ