• 長谷川光志

ステイホーム記①

最終更新: 2020年5月9日



もうもうと煙たい居酒屋のカウンターに座った小泉今日子が注文したのは熱燗とマグロ納豆、蓮根のきんぴら、塩らっきょうで、同じくカウンターの端っこでは柄本明が呑んでいて、店の主人はモト冬樹!

三段式にテンションを上げるこの冒頭の二分を観ただけで「こいつはタダごとではない映画だ!」という確信きた。


「センセイの鞄」という映画を観たんです。


酒屋、そこで流れる歌謡曲や演歌、酒、美味そうな料理、モト冬樹、日本文学、花見、温泉宿と鮎、スナック。俺のための映画なのでは?と思うほど「好き」のオンパレード。そして純愛。遅々として進まない羊の歩みのような、三歩進むたび二歩下がるラブストーリー。行け!行っちゃえ!と思うんだけどなかなか前に進めない年の差30才、元国語教師と生徒のおかしな恋愛。センセイの鞄。良い映画ってたくさんあるんだねえ、まだまだたくさんあるんだね。こういうの作らずにいられない人がいるってことが嬉しくて泣けてくるよ。




#センセイの鞄 #久世光彦 #柄本明 #小泉今日子 #モト冬樹 #映画 #stayhome #ステイホーム #新型コロナ #自粛 #日記 #movie #お気に入り #居酒屋 #手書き #ポストカード #Amazonプライムビデオ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆