• 長谷川光志

ステイホーム記①

更新日:2020年5月9日



もうもうと煙たい居酒屋のカウンターに座った小泉今日子が注文したのは熱燗とマグロ納豆、蓮根のきんぴら、塩らっきょうで、同じくカウンターの端っこでは柄本明が呑んでいて、店の主人はモト冬樹!

三段式にテンションを上げるこの冒頭の二分を観ただけで「こいつはタダごとではない映画だ!」という確信きた。


「センセイの鞄」という映画を観たんです。


酒屋、そこで流れる歌謡曲や演歌、酒、美味そうな料理、モト冬樹、日本文学、花見、温泉宿と鮎、スナック。俺のための映画なのでは?と思うほど「好き」のオンパレード。そして純愛。遅々として進まない羊の歩みのような、三歩進むたび二歩下がるラブストーリー。行け!行っちゃえ!と思うんだけどなかなか前に進めない年の差30才、元国語教師と生徒のおかしな恋愛。センセイの鞄。良い映画ってたくさんあるんだねえ、まだまだたくさんあるんだね。こういうの作らずにいられない人がいるってことが嬉しくて泣けてくるよ。




#センセイの鞄 #久世光彦 #柄本明 #小泉今日子 #モト冬樹 #映画 #stayhome #ステイホーム #新型コロナ #自粛 #日記 #movie #お気に入り #居酒屋 #手書き #ポストカード #Amazonプライムビデオ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと