• 長谷川光志

何度でも立ち上がる

最終更新: 2019年10月9日




2019年7月27日

レコーディングワンマンライブ

「何度でも立ち上がる」


最高のオーディエンス

最高の音と箱

最高のエモーション


ワンマンが終わったからわかる

ワンマンを超えられたのはこの情熱と

みんなの応援以外の何者でもない。

期待に応えたい衝動以外の何者でもない。


忘れません。ありがとう!


あとはこれを最高の音源に変えるだけ。

この日のおかげでたくさんのことに気付き、俺の中で燃えているもの、まだまだ燃え盛ろうとしてる熱いもの。それを出してやらなきゃもったいない。そのための俺の時間だろ、与えられた時間だろと思いました。

気付かせてくれてありがとう!


ここからだなあ、ここからだ。

夏、秋、今年もとびきり濃いのをお見舞いしていくからね。


俺は歌うたいとして生きたい。

それを見せていく旅、表現していく旅。

またすぐ節目が来る。

この9月、ちゃんと見せなきゃ!

俺はここでやっていくって見せなきゃな。


ワンマン、最高でした。

来てくれたひとりひとりに、ありがとう。


photo by Kyoko Mori

最高の写真をたくさん撮っていただきました。これから情報解禁とともに写真もお見せします!


#ワンマンライブ #日吉Nap #弾き語り #アコースティック #アコギ #ライブハウス #日吉 #東急東横線 #シンガーソングライター #何度でも立ち上がる #レコーディング

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆