• 長谷川光志

それをエンターテイメントにするもの


「土曜The Night」最終回がYouTubeにあったので見た。


今までTVサイズのネタと朝まで生テレビでしか見たことなかったけど、これ見てすごく感動した。喋りで勝負する芸人の凄みを見た。めちゃくちゃカッコよかった。全然違うんだけど、カメラに向かって一人で喋り続ける姿が昔見た上岡龍太郎の独り語りとダブった。上岡さんはスタジオの中に本当に一人だったけど(スタッフの笑いも合いの手もなく)。


煽る仕掛ける演じる、切り込み畳み掛け、騙し吐露し種明かす。日本酒呑みながらのまさに独壇場。通して見ると唯一無二のエンターテイメントで圧巻。


「このままどこに向かうんやろなって思うけどさ…。お客さんにもどこに向かってんねん!て言われたりするけどさ…。まあお前の知らない世界やとは思うけど」


「バカコメンテーターとバカ視聴者とバカネット民が一億文字世の中の文句を言おうともそこにエンターテイメント、技術が加わってなかったら誰の心にも響かない。お前らは結局空気のままで終わってしまう」


「もともと圧倒的な力を持ってる笑いの外に、それをエンターテイメントにするのは優しさだと思う」


刺激的な発言にまぎれたホンネらしきものがまた良かったんだよな。


#ウーマンラッシュアワー #村本大輔 #土曜ザナイト #BUZZ #お笑い #エンターテイメント #最終回 #芸人 #朝まで生テレビ #上岡龍太郎

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆