• 長谷川光志

【lyric】ソナチネ

更新日:2019年12月3日

ひとつをふたつに

ふたつをよっつに

小さなナイフで

器用に 綺麗に


真っ赤な飛沫に染まる

呼吸にあわせてふるえる

鮮やかな美しい手


ソナチネ

君の悦びが見たい

とはいえ 最後の

夜の足音


子どもか大人か

どちらも知らずに

答えをかわして

知らないふりして


嫉妬によく似たイヤリング

怒りの香りのPerfume

潤んでいく美しい眼


ソナチネ

君の悲しみが見たい

とはいえ 最後の

夜の足音

ソナチネ

この胸十字に切り裂いて

その上 愛など

口にしないで

その上 愛など

口にしないで


#歌詞 #lyrics #リリック #オリジナルソング #シンガーソングライター #ソナチネ #ラブソング #愛 #

0件のコメント

最新記事

すべて表示

シンガーソングライター、長谷川光志って いったい何なのだろう と考えてみる。 考えるほどわからなくなる代表格みたいな思いつきの疑問だけれど、考えてみたくなるときだってあるのだ。 ありもしない答えなら自分で作ればいいし、答えに近づくには比べないことだと思った。ただ自分で自分を「これが自分だ」と言えることってなんだろう、と。 それだけのことが難しい。 いったい僕はこれまでなにを支えにして、なにを指針に

歌と夢