• 長谷川光志

浪漫と蕎麦屋







日吉Napライブの翌日は横浜。


蕎麦屋で粋に呑むのは永遠の男の浪漫ですが池波正太郎のようにはいきません。音楽の話なんてしながらボトルを空けたあと、さらに瓶ビールを注文してしまう僕らです。まだまだ修行が足らないのです。


シロップ割りで飲むコーラは甘くて気持ち悪いでしょうが、蕎麦湯割りで呑む蕎麦焼酎はなんともさっぱりとして、染みわたる美味しさでした。なにより一番の肴は、楽しき会話なんだと思いました。


「今が一番底なんだから、続けている限りは上がるしかないんだから」といつもいつも勇気付けてくれる人がいるんです。だから出来ることはひとつしかないといつもいつも思います。


前日のライブはとても良かった。

「一所懸命」という言葉が頭をよぎる。そのとき、そのワンステージしかない。


#蕎麦屋

#角平

#つけ天

#蕎麦屋呑み

#男の浪漫

#池波正太郎

#ライブ

#ライブハウス

#日吉Nap

#弾き語り

#アコースティック

#シンガーソングライター


0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと