• 長谷川光志

ステイホーム記⑧〜時をかける少女


これも思い込み効果の後悔ってやつで、観るまではどうせアイドル映画でしょなんて思っていたんだよ。まあアイドル映画なんだけど、全然ただのアイドル映画じゃないのね。こんなにも刺激的で前衛的なタマシイの映画だなんて思わなかった。もう、シネマハスラーに大感謝だよ。出会いのきっかけってめちゃくちゃ大事だね!大感動。


結局のところ「大林宣彦」って名前は絶対的にデカくて、観てもいないのに知った気になってるんだな。亡くなってからその凄さを知るみたいなのは嫌だ。ずっとそう思ってたはずだけどまたやってしまったんだよ。でも大林宣彦は自分が作り上げた映画それ自体が大林宣彦としてずっと生き続けて影響を与えていくんだよね。残してくれたものに感謝するしかないよ。


「この空の花〜長岡花火物語」を観る。ぜったい観なきゃいけないよ。




#時をかける少女 #映画 #大林宣彦 #movie #シネマハスラー #原田知世 #手書き #イラスト #自粛 #ステイホーム

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆