• 長谷川光志

【手書き】想像力=イマジネーション、について。


国立ハンセン病資料館を訪れて思うの記。

少数の側に回ることが怖いのはなぜだろう。

誰かに対して、多数と違う部分を見つけたがるのはなぜだろう。

そもそも同じ人間なんて一人としていないのに。

考えられる中で一番の苦痛は何か考える。

それは、同じ人間として扱われないこと。

箱の中に閉じ込めて忘れられること。

「表現」すら閉じ込めてしまおうという人がいる。

外に出よう。壁など蹴り破って。

火をつけよう。その心に。

手遅れになる前に。

ひとりの人間の心に微かにでも灯る光は、

それを消そうとするどんなものより正しく強い。


#想像力 #イマジネーション #思いやり #大島渚

#ジョンレノン #体験 #表現 #ハンセン病資料館

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと