• 長谷川光志

ステイホーム記⑤〜黒沢清


「岸辺の旅」を観た理由は深津絵里なんだけど、そのあとに前述のシネマハスラーの黒沢清ゲスト出演回を聞いて、あらためて黒沢清の偉大さとか格好よさについて考えたのね。

そしてドキュメント「曖昧な未来、黒沢清」を観て、そこで黒沢清が言っていた《映画とは何か》が



《ある記録された現実のつながりを、ここが重要なんですけど「大勢の人と一緒に観る」ということですね。これが映画ですね。


あるシーンで人が笑った。俺はおかしいとは思わない。誰も笑わないけど俺はこれおかしいと思う。映像作品を通じて、社会の中で自分はどういう所にいるのかを嫌でも認識する場。それが映画ですね。


(中略)


大勢と一緒に観るという、これを、まあ逆に言うとみんなが笑ってるところで自分もやっぱり面白かった、ああみんなと一体になってるっていうのもありですよ。一体化してるか、孤独か。そういうことを知る場。それが映画ですね。》



これ、ものすごく納得させられて、そういえば同じことを太田光が言ってたなと思い出して、なぜ黒沢明の「生きる」が自分にとって特別な映画になったかというとそれはやはり映画館で観たからで、立ち見でシアターで、そうすると観客があるシーンではどっと沸くと。声を上げて笑ったと思ったら、ラストシーンではさめざめ泣くんだみたいな、つまりたくさんの人と観ているから生まれるノリみたいなものがあって、だからこそ笑って泣かせる超エンターテイメントになるんだって話だったと思うんだけど確かにその通りで、あれを家でひとりで観てたらじっと物思いに耽って観ちゃうんだよね。大笑いはしないんだよね。


で、そこから「じゃあライブって何よ」ということに考えが行って。まったく同じじゃないんだけど気づかされることが本当にたくさんあったんだよね。


ステイホーム期間中、レコ発は飛んじゃうしライブはできないし、おかげさまで仕事は今まで以上に忙しくなった(なんてこった!)のに練習場所は閉まってて大きな声で歌うことはできないしフラストレーションたまりがちだったけど、だからこそ普段できないことに時間を割いてもいいだろってものすごくたくさん蓄えた。蓄えて、深く深く考えたよ。絶対にこの時間を無駄にしないぞって思ってたからね。アーティストは表現しなきゃならないけど、表現の根幹に関わることをぐっと引き寄せて居座らせる大事な期間だったと思う。


音楽で本当に表現するには、音楽をやっていない人の生活も、音楽以外の表現者の生き方も、全部役に立つはずなんだ。


#黒沢清 #映画 #映画監督 #シネマハスラー #岸辺の旅 #曖昧な未来黒沢清 #アーティスト #映画とは #黒澤明 #生きる #太田光 #ライブ #表現者

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆