• 長谷川光志

白河夜船



起きたときに「あ〜、よく寝た」と感じた最後はいつだったか。ここ数ヶ月、いや数年?それぐらいのスパンで“満足した睡眠”ってない。という人はきっと多いだろうな。


今となっては懐かしいというやつだけど、二十代のどこかの時点で、自分で怖くなるくらいにいくらでも眠っていられる時期があるらしく、そんなとき皆「自分はおかしくなってしまったのでは」と不安になるものらしい。必要に迫られなければ、誰かに邪魔されなければいつまでも寝ていられる時期。


睡眠は一番身近な天国。だけど「寝過ぎて良いことなんてひとつもない」という断定がとても心地よかった。生きている限り最大の休息は眠りで、しかし死も眠りであるし、そしてこの本はやっぱり再生の物語だった。かたくなに再生を、何度でもいつからでも生き直せと訴える。


よしもとばななの本はいつも予備知識なしに、本屋さんでぱらぱらめくって、そのとき心が欲していそうな一冊を選ぶのだけど、いつでも期待を裏切らない。俺の中でよしもとばななは、絶対に裏切らない人ということになってる。エンターテイメントでもありセラピーのようでもある。


「誰にでもわかる言葉で、わたしにしか書けないものを」というのはとてつもなく遠大なテーマで、それは曲にのせて言葉をつないでゆくときにもとても大切なことだ。


ちなみに「白河夜船」ということば。水木しげるの漫画の中でのんのんばあが言ってて、それではじめて知りました。


#よしもとばなな #白河夜船 #新潮文庫 #読書 #小説 #本 #favorite #お気に入り #眠り #睡眠 #シンガーソングライター

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆