• 長谷川光志

背中

たとえば、


片付けや掃除、毎日の習慣でも、人に思いやりを持てという教えでも、それを「やりなさい」「こうしなさい」って課してるうちはダメだと思うんだよね。口うるさく言えば何回かはやるかもしれない。でもそれは身についたことにはやっぱりならなくて。


自分が率先してやるしかないんだよ。何も言わずに、気づいた人がまず先にやるんだよ。ずっとね。毎日。それを自分の仕事と思って。続けていればいつの日か、見ている誰かも「自分もできることがあるんじゃないか」って気づくときがくる。ということを信じて黙ってやるんだよ。それが教えるとか伝えるってことなんじゃないかと思ってるんだ最近。


言ってもやらないのは、自分がやるべきときだって気づくタイミングがまだ来てないだけなんだよ。気づくタイミングが彼や彼女に訪れるかもしれないなにかを、自分はしているだろうかって考えること。

そしてこれは、どんなことにも通じる問題なんだ。


俺にとっては本当の真実で、なぜなら俺自身が、今になってやっと気づいたからなんだ。気づかせてくれたのは先人が声に出さずに見せ続けてくれた、その背中なんだよ。


やりたくなかったことを自分の意思でやりはじめるとしたら、それは誰かが黙々とやり続けた、汗が湯気になって立ち上るような気魄のこもった背中がその人に語りかけ続けた結果なんじゃないかと思う。


#背中

#伝える

#教え

#先人

#継続

#タイミング

#日記

#最近思うこと


0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆