• 長谷川光志

喪失とは


人生のマスターピース。

なくなってほしくないもの。

なくならないと思っているもの。


喪失とはトンネルのようなものだ。この道を行く以上必ず通らなければならない。入口を入ったら、必ず出口から抜けないといけない。ただその長さがわからない。


今年作った「光」というアルバムの中にもそんな曲がある。それは《面影》という曲なんだけど、まさしく喪失というトンネルをくぐってまた光の当たる場所に戻って行くとき、その光こそが、そしてその場所に自分の足で歩いていこうとする姿勢こそが希望というものなんじゃないかということが大きなテーマになっている。


最も大切なのは「形があること」じゃないからこそ音楽なのに、どうしても、いつまでも存在してほしいと願ってしまう。


光の中に自分の意思で戻って行こうとするとき生まれる圧倒的な力強さと清々しさ。それがこれから歌で表現できるんじゃないか。


「失くなった」ことより、たしかにそれは「存在していた」こと、そこからもらったたくさんのことのほうが遥かに大切なんだから。




#喪失 #ロス #トンネル #光 #面影 #希望 #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆