• 長谷川光志

人と妖怪のあいだに



♪人生が二度あれば

この人生が二度あれば

嗚呼 嗚呼


志村けんと石野陽子扮するじいさんばあさんのコントで流れた「人生が二度あれば」。記憶の中ではこれがもっとも古い井上陽水の曲との出会い。たしか小学校3〜4年の頃だったか。

清水アキラやグッチ裕三がものマネする陽水を見たのも、ほぼ同時期のはずだ。


井上陽水が好きで、よくカバーした。アルバムでは「もどり道」というライブ盤がとにかく好きでしょっちゅう聴いていた。とくにバンドをやめて弾き語りを始めるときには、本当にずっと聴いていた。


曲もことばも、すごい。発想が常人離れしている。歌も声もまさにオンリーワンだがどこかぬらりくらりとしていて、常に陰と陽の「陰」をまとっている感じ。あのサングラスの感じ。とらえどころのない感じ。家で何してるか想像できない感じ。人間と妖怪の中間にいるようなあの感じ。


人間の枠をちょっとはみ出た感じが、ほかに比較する人がいないあの感じが好き。


そんな井上陽水を存分に歌えると始めたNap Folk Villageも今年で6年目を迎えます!

ビバ☆フォークミュージック!

今夜、日吉Napで会いましょう♪


#井上陽水 #フォークソング #もどり道 #弾き語り #日吉Nap #ライブ #FolkVillage #妖怪 #人生が二度あれば #だいじょうぶだぁ


  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA