• 長谷川光志

人と妖怪のあいだに



♪人生が二度あれば

この人生が二度あれば

嗚呼 嗚呼


志村けんと石野陽子扮するじいさんばあさんのコントで流れた「人生が二度あれば」。記憶の中ではこれがもっとも古い井上陽水の曲との出会い。たしか小学校3〜4年の頃だったか。

清水アキラやグッチ裕三がものマネする陽水を見たのも、ほぼ同時期のはずだ。


井上陽水が好きで、よくカバーした。アルバムでは「もどり道」というライブ盤がとにかく好きでしょっちゅう聴いていた。とくにバンドをやめて弾き語りを始めるときには、本当にずっと聴いていた。


曲もことばも、すごい。発想が常人離れしている。歌も声もまさにオンリーワンだがどこかぬらりくらりとしていて、常に陰と陽の「陰」をまとっている感じ。あのサングラスの感じ。とらえどころのない感じ。家で何してるか想像できない感じ。人間と妖怪の中間にいるようなあの感じ。


人間の枠をちょっとはみ出た感じが、ほかに比較する人がいないあの感じが好き。


そんな井上陽水を存分に歌えると始めたNap Folk Villageも今年で6年目を迎えます!

ビバ☆フォークミュージック!

今夜、日吉Napで会いましょう♪


#井上陽水 #フォークソング #もどり道 #弾き語り #日吉Nap #ライブ #FolkVillage #妖怪 #人生が二度あれば #だいじょうぶだぁ


0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆