• 長谷川光志

壊せ

更新日:2020年6月6日

集団は異物を叩く。


多数の中の少数を叩く。


男の中の女を叩く、女の中の男を叩く。


考え方の違う奴を、思想の違うやつを


できない奴をできる奴が、


できる奴を出来ない奴が叩く。


見た目の突飛な奴を、目立つ奴を、


様子のおかしい奴を叩く。


若い奴が年寄りを叩く。


大人は若者を叩く。


人は多数の側に滑り込んで


息を潜めたい動物だ。


犬や猫のように表現もできず、


全能だと言わんばかりの顔で


黙っている。


空気。


空気は読むためにあるのでも


作るためにあるのでもない。


壊すためにあるのだ。


空気を壊せ、今


そこにある空気を壊せ。


言葉で。

行動で壊せ。


壊すことでお前が今


生きていることを示せ。


考えうるあらゆることはそこからしか


始まることができないのだから。


#poem #詩 #ポエム #壊せ #空気 #示す #言葉 #人間 #存在理由 #行動 #空気を壊す

0件のコメント

最新記事

すべて表示

理由

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆

レアンカルナシオン

これは間違いだ、ということは間違いがなかった。 「わたしはどこかで道を間違えたんだ。」とはっきり彼女は思った。ただ過去のどの場面で、どの選択を謝ったのかはすぐにはわからなかった。 数えきれない選択のすべてを《正解》で数珠つなぎにしたような、私が歩むべき理想のコースがあって、それをあるとき一歩踏み外したのだ。その一歩がどれだけ致命的であるかを思い知った。 踏み違えたポイントを起点にして、あとはどれだ