• 長谷川光志

0グラム

たとえば「光」という文字


それ自体が光を放つわけではない。


ひとり「愛」と囁いてみても


言葉自体に愛は内包されていない。


「幸せ」も「楽しい」も


「苦しい」もほかのどんな言葉も


それだけを抽出すしたら単なる記号で


重さ0グラムの頼りない記号。



実体不在の器みたいなものだから


そこに意味を注ぎこみ、


存在する意味を与えるのは


言葉を使う人間に完全に委ねられている。



たとえば刃物をどう使うかで


人を生かすことも殺すこともでき、


つまりは刃物を生かすことも


殺すこともできるのと同じ。


人は言葉をどう使うかで


人を生かすことも殺すこともでき、


言葉自体を殺すこともできる。



言葉とは文化でありツールであり


武器であり救済措置でもある。


無ければ困る不便なもの。



たとえば僕が「光」と発するとき


その言葉の後ろに、聞く人によって様々な


輝きをイメージさせるのはまぎれもなく


僕自身に宿る光だ。


「愛してる」に愛が宿るとしたら


僕自身に愛が漲っているからだ。


そうあるように生きるということだ。


言葉に命を与えるのは生き方そのものだし


伝えたいことがたったひとすくいだとしても


伝わってくれと信じる姿勢だ。


言葉はいつでもぎりぎりのところで


生かされて生きている。



人を殺すなんて愚の骨頂だが


言葉を殺すのもまっぴらごめんだ。


盲信もしない、過信もしない。


せめて自分の言葉で


僕に見えている世界と


僕の内側に広がっている世界を


なんとかして伝えきりたいと思う。


#ポエム #詩 #言葉 #ことば #扶養義務 #生かす #殺す #伝える #ツール #文化 #コミュニケーション


最新記事

すべて表示

こころ

心に負った傷が痛んで、疼いて、それが続いてもうダメかもしれないというところまで耐えたとき、君の近くに君と同じように痛みに耐えている人がいることに気付くだろう。 そして、その人のために何かできることはないか考えるはずだ。 そのとき「こころの超回復」がおこる。 前よりも強く、優しい君になる。 想像することの前には常に体験がある。 それを繰り返して少しずつ大きく、深い君になっていく。 #日記 #詩 #こ

壊せ

集団は異物を叩く。 多数の中の少数を叩く。 男の中の女を叩く、女の中の男を叩く。 考え方の違う奴を、思想の違うやつを できない奴をできる奴が、 できる奴を出来ない奴が叩く。 見た目の突飛な奴を、目立つ奴を、 様子のおかしい奴を叩く。 若い奴が年寄りを叩く。 大人は若者を叩く。 人は多数の側に滑り込んで 息を潜めたい動物だ。 犬や猫のように表現もできず、 全能だと言わんばかりの顔で 黙っている。 空

  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA