• 長谷川光志

ピック

更新日:2020年1月8日



ピックというものがあります。


たいてい三角形で、まあギターを弾くときに使うんだけど薄いおにぎり型のアレ。でもって6本の弦をボロロンとかジャキーンと鳴らす。あの三角の頂点が、まだ使ってない新しい状態だとよーく見ると鋭角とまでは言えないにしてもわりととがっている。角がある。当然、弾いているうちに削れてきてこうアーチ状に、角がとれていく。まるくなっていく。

そうすると音が変わってくるのね。角のとれぐあいで鳴りが、というか鳴らしぐあいが変わってくるのね。

やっぱりあたらしい角はひっかかりがよくて的確に冴えたジャキーン!が鳴る。

三角形だから角が三つあるからひとつのピックで三回ニュー角が使える。楽器屋で買えば一枚100円、サウンドハウスで買えば80円。税抜き。


昔はピックの三つの角がぜんぶとれて、これもうほとんど楕円なんではというのをいつまでも使っていたことを思い出す。ピックの状態によって打つときの角度を変えたり、曲調によってはあまり角のとがってないのがよいとかいろいろあって、ピックの世界というのも奥が深いわけですね。という今日はそれだけの話なんですけど。


ピックピックこんにちは


#ピック #ギター #弾き語り #楽器屋 #サウンドハウス #なんてことない話 #ジャキーン #サウンド #アコースティックギター #ミュージシャン #シンガーソングライター

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと