• 長谷川光志

あこがれの沖縄



沖縄に、行くんですよー。


来月、純粋に観光で。

旅行なんていつ以来かな。飛行機も。

友人とずっと行こう行こうって言ってて、なかなかタイミングがなかったんだけど、その気になったらこういうことは早いね。ほんと楽しみ。


やりたいことや見たいものはたくさんあって、一回でぜんぶはできないけど、やっぱり沖縄の歴史ってのはちゃんと知らなきゃいけないし現地で触れて感じたいと思うんだよね。あとはやっぱりお酒、泡盛を吞んで沖縄民謡に触れたい。これが一番の目的だな。


昨日その旅行のもろもろを決めようってことで集まって、沖縄居酒屋で吞んでたのね。たまたまテレビ収録のためにこっちに来て、明日帰るんですっていう沖縄市の青年会のみなさんが入ってきて、持っていた三線で歌ってくれたんだ。みんな踊って、俺も踊って、これは沖縄楽しみだぞってあらためて思った。


喜納昌吉いっぱい聴いていこう。

民謡もたくさん聴いて、ソウルフラワー聴いていこう。

ああ楽しみだなあ!


#沖縄 #旅行 #トラベル #飛行機 #居酒屋 #泡盛 #喜納昌吉 #ソウルフラワー #沖縄民謡

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆