• 長谷川光志

おきなわみっかめ









二日間めいっぱい沖縄をたのしんで

多少の疲れと目ざめる最終日

シャワーをあびて体に喝を入れる

飲み残したまだ開けていない缶ビール

スーツケースとバッグに押し込みチェックアウト

今日もすこぶる天気がいい。


ふりそそぐ日差しのなか車に乗って

走りはじめるともう

今日の夜にはここにいないという

現実がちらちら頭をよぎるが、それを

見て見ぬふりをしなが爽快にドライブ。

こういうのを陰陽五行で

陽のなかの陰という。


朝メシはA&W

はじめて入ったアメリカンで広い店内 ファストフードなのにのんびりしていて

心地がいい、店員さんもみんないい顔。


The A&Wバーガー

ルートビア


ここまできたら3キロくらい

太って帰るのは覚悟はしてるのだ。

はじめて飲んだルートビアは

ドクターペッパーのような スパイシーでクセになりそう

一番はスマイルだったけどね


そしてやっぱり寄ってしまう


美ら海水族館


フォトジェニックで

友だちのような顔をした海のいきものたち

たくさん写真をとって楽しい時間。

マナティとウミガメまで

きっちり観察して

あああとはこの車を返却したら

決まった時間の飛行機に乗り込むのか。

あまりにも一瞬で

まさしくセツナ。

最高に解放された二日と半日


沖縄、アイルビーバック。

沖縄よありがとう。

大手川くんよ次回はラストまで。

最後までドライバーきっちりつとめ

最高にバカ笑いした友よ いや、智よ。

ありがとう!


#沖縄 #沖縄旅行 #はじめての #日記 #旅行記 #ダイアリー

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆