• 長谷川光志

おきなわふつかめ









午前9時にホテルをチェックアウト

めざすは一路、本島の最北


高速とばす、気持ちいい!

空、空、空、

山の緑は表情を変え

そして開けると向こうには、海

海、海、海!


南から北へダイナミックな移動

プレイリストは大手川くん

笑った歌ったそして

缶ビール

ほんとごめんなさい。


ずっと助手席だったけど

こんなにも気持ちいいドライブって過去

記憶にないな。


到着したのは北の聖地

大石林山


ここも不思議な力がみなぎる場所

鳥たちがそこかしこで鳴いている

歌っている!

森、石、開ければまた海

そして神と通じる祈り場。

ガジュマルの木でキジムナーとたわむれ

深呼吸をたくさんした。

ちょっとしたハイキングのようで

体の中身をぜんぶ入れ替えたように

清々しい気分。


歩き終わって飲んだサンゴ焙煎コーヒー

風化したサンゴで焙煎した

透明度ありつつ独特の後味を感じる

とても美味しいコーヒーだった。

売り上げの一部はサンゴ再生のために使われるそうです。沖縄にいったさいにはぜひ


そこからさらに北へ

本当の最北端


辺戸岬

この眺めも素晴らしかったけれど

重く厳しく立っていた日本祖国復帰闘争の碑

この地から遠く本土が見える

その場所で

広大な大自然とともにその歴史を

思わずにいられない、大切な時間になりました。


辺戸岬こうようパーラーで

沖縄そば

おにぎり(牛肉)

オリオンビール


舌鼓をうつとはこのことね

美味い、美味い。

お店で飼っていた琉球犬

女の子だって、上目遣いが得意らしい。

見た目はいかついのに、話せば

気さくを絵に描いたようなお父さん

沖縄に来たのだ!とまた思う。


これで二日目も終了、あとは呑んで食うのみ


恩納まで一気に戻り、宿はカラカウア

こざっぱりとキレイで広い

シャワーを浴びて体にキレを取りもどして

宿から近いオリオンやへ。


泡盛をたくさん呑んだなあ、呑んで

帰りにまたお酒を買って部屋で呑みはじめ

すぐダウンして、そして

沖縄とお別れの日はくる。



#沖縄 #沖縄旅行 #はじめての #日記 #旅行記 #ダイアリー #大石林山 #最北端 #やんばる #大自然 #辺戸岬 #祖国復帰闘争碑 #辺戸こうようパーラー #沖縄そば #オリオンビール #ホテルカラカウア #オリオンや #泡盛 #古酒

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆