• 長谷川光志

脳内散歩、道草、転がる。

二月の日曜日、午後4時45分。

向かいの小さな窓から南の空が見えて、

紫を濃紺が浸食している。


たそかれと呟いてみる。


見えくなったらすべてが消えるだろう。

声のしないかくれんぼ。

世界と切り離されるまであとどれくらい?


脳内散歩、道草。


午後4時55分。

濃紺はその濃紺をますます深め

明かりのない深いプールのようだった。

僕はそこに潜りたい。

もうすぐきっとなにも見えなくなるから

僕は見えない水の中で 呼吸なしでいつまでも潜水していられる

秘密の方法を探りたい。


脳内散歩、転がる。


次に窓から見た世界

いきものたちが飛びかい踊り

あまりにアンバランスな翼の小さな鳥

大人の顔をした小人、奇妙に発光する虫たち 図鑑で見たことのないいきものたちが

いっせいにこちらを向いて

笑っていた。

嘲笑のようでもあり 誘っているようでもあった。

数えきれぬいきものたちが

僕自身が遮断した世界へ

僕を引っ張り出そうとするように

いっせいに笑っていた。


見えなくなる瞬間、

何を見るか。

消えてしまうそのときに

僕らはなにをするか。


#詩 #ポエム #poem #詩作 #脳内散歩 #dawn #黄昏時 #誰そ彼 #世界 #想像する #イマジネーション #シンガーソングライター


0件のコメント

最新記事

すべて表示

理由

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆

レアンカルナシオン

これは間違いだ、ということは間違いがなかった。 「わたしはどこかで道を間違えたんだ。」とはっきり彼女は思った。ただ過去のどの場面で、どの選択を謝ったのかはすぐにはわからなかった。 数えきれない選択のすべてを《正解》で数珠つなぎにしたような、私が歩むべき理想のコースがあって、それをあるとき一歩踏み外したのだ。その一歩がどれだけ致命的であるかを思い知った。 踏み違えたポイントを起点にして、あとはどれだ