• 長谷川光志

脳内散歩、道草、転がる。

二月の日曜日、午後4時45分。

向かいの小さな窓から南の空が見えて、

紫を濃紺が浸食している。


たそかれと呟いてみる。


見えくなったらすべてが消えるだろう。

声のしないかくれんぼ。

世界と切り離されるまであとどれくらい?


脳内散歩、道草。


午後4時55分。

濃紺はその濃紺をますます深め

明かりのない深いプールのようだった。

僕はそこに潜りたい。

もうすぐきっとなにも見えなくなるから

僕は見えない水の中で 呼吸なしでいつまでも潜水していられる

秘密の方法を探りたい。


脳内散歩、転がる。


次に窓から見た世界

いきものたちが飛びかい踊り

あまりにアンバランスな翼の小さな鳥

大人の顔をした小人、奇妙に発光する虫たち 図鑑で見たことのないいきものたちが

いっせいにこちらを向いて

笑っていた。

嘲笑のようでもあり 誘っているようでもあった。

数えきれぬいきものたちが

僕自身が遮断した世界へ

僕を引っ張り出そうとするように

いっせいに笑っていた。


見えなくなる瞬間、

何を見るか。

消えてしまうそのときに

僕らはなにをするか。


#詩 #ポエム #poem #詩作 #脳内散歩 #dawn #黄昏時 #誰そ彼 #世界 #想像する #イマジネーション #シンガーソングライター


最新記事

すべて表示

こころ

心に負った傷が痛んで、疼いて、それが続いてもうダメかもしれないというところまで耐えたとき、君の近くに君と同じように痛みに耐えている人がいることに気付くだろう。 そして、その人のために何かできることはないか考えるはずだ。 そのとき「こころの超回復」がおこる。 前よりも強く、優しい君になる。 想像することの前には常に体験がある。 それを繰り返して少しずつ大きく、深い君になっていく。 #日記 #詩 #こ

0グラム

たとえば「光」という文字 それ自体が光を放つわけではない。 ひとり「愛」と囁いてみても 言葉自体に愛は内包されていない。 「幸せ」も「楽しい」も 「苦しい」もほかのどんな言葉も それだけを抽出すしたら単なる記号で 重さ0グラムの頼りない記号。 実体不在の器みたいなものだから そこに意味を注ぎこみ、 存在する意味を与えるのは 言葉を使う人間に完全に委ねられている。 たとえば刃物をどう使うかで 人を生

壊せ

集団は異物を叩く。 多数の中の少数を叩く。 男の中の女を叩く、女の中の男を叩く。 考え方の違う奴を、思想の違うやつを できない奴をできる奴が、 できる奴を出来ない奴が叩く。 見た目の突飛な奴を、目立つ奴を、 様子のおかしい奴を叩く。 若い奴が年寄りを叩く。 大人は若者を叩く。 人は多数の側に滑り込んで 息を潜めたい動物だ。 犬や猫のように表現もできず、 全能だと言わんばかりの顔で 黙っている。 空

  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA