• 長谷川光志

Never Forget 3.11










3月2日(土) 大塚hearts+

渡辺伸一presents「カリブの海賊 vol.32」


3.11から8年。3.11をきっけにゼロノミクマと出会って、そしてバンドまで組んでしまった。気付けばホントにロックバンドになっていた。伝えたいことがあるから伝える、歌いたいことがあるから歌うというとてつもなくシンプルなこと。それができるのはとても大切で、幸せなことだ。


「カリブの海賊」は3.11に寄せる思いをベースにしたチャリティイベントで、最初から最後まで壮絶にポジティブ&ハッピーだった!

メインステージとサブステージで隙間なく展開して、お客さんは好きなタイミングで出たり入ったり、ラウンジに一杯やりにいったり休憩したり。鳴る音はどれも本気で、内容の濃すぎるものばかり。楽しみ疲れするくらい熱い一日。


ZERONOMIX、二度目のライブハウスは全開で!会場のみんなクマに釘づけでちょっと悔しいくらい。与えられた時間をメンバー全員、体ごと心ごと、全部伝え切りたいと思って走り抜けた!


忘れられない日になったのはもちろん、バンド組んだ時の気持ちをあらためてかみしめたよ。本気になって、絞り出して伝えなきゃいけないことまだまだたくさんあるって。


無限成長中のバンドなんで、出会えたみなさん忘れないで思い出してまた会いに来てください。俺らも全力で演奏して伝え続けるから!


the 69の渡辺伸一さん。最高の夜に声かけていただきありがとうございました!また必ず!!


-set list-

自分の言葉で伝えたい

システム

オネスティ

across

すべての電気を変えろ


#ZERONOMIX

#ゼロノミックス

#ロックバンド

#ロック

#ソーシャルロック

#パワーシフト

#パワーシフトキャンペーン

#すべての電気を変えろ

#311

#カリブの海賊

#渡辺伸一

#大塚hearts+

#ライブ

#チャリティ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆