• 長谷川光志

Nap Folk Village

最終更新: 2018年6月5日





「Nap Folk Village 2018新春編」


楽しく賑やかな一夜が終わりました。

遠くから駆けつけてくれた方。「時間に間に合ったので来ました!」という方。

昨日は会場に足を運んでくださることのありがたさを身にしみて感じる一日でした。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!


出演者のステージ、それぞれに感動をもらいました。

みんなカラーが違って、それをステージ上で正面から出しているんだよなあ。

きちんとテーマのさだまさしカバーを歌い、オリジナルも届ける(さだまさしオンリーの方もいましたね、葛西さん♪)姿を噛み締めながら見ていました。

ちなみに俺は「追伸」をカバーしたよ。

日吉Napではずいぶん先までいろんなイベントが決まっています。どの回もぬかりなく、全力で向かわなければと思いました。そう思わせてくれる日。最高でした。

ライブを見に来てくれる人がいて、それに全力で応えるというのが自分にとって最大のやり甲斐で、大げさでなく生き甲斐なんだと思っています。

出会えた皆さま、またライブに来てください。30分のステージでも、ワンマンでも、来てくれた人の気持ちに応えられるライブをこれから本気で追求していきます。

夢路(with EMI)、石川真哉、酒井徳広、池谷唯、葛さだまさし。また演りましょう!


早くも1月のライブはこれにて終了。


来月はまた楽しみがたくさんあるぜ。

前見て突っ走る2018バージョンの長谷川光志に

会いに来てくださいよ!!!


(撮影/森京子さん)


#日吉Nap #フォークソング #NapFolkVillage #ライブ #弾き語り #アコースティック #さだまさし #追伸 #葛西正志 #池谷唯 #酒井徳広 #石川真哉 #夢路

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆