• 長谷川光志

季節は過ぎる、音楽は止まず。


2019年2月16日、日吉Nap「冬のウタ」


endeavor

人生は短篇映画

一月の雨上がり

Not too late

夢のかけら


音楽は素晴らしい。いまさら。目の前で起こるすべてはここにつながっているんだな。全部つながって音楽になって、音楽がつないでくれた人々がいてライブでまた会える。

それはこんなにも嬉しいこと!


こんなに嬉しいことだって、素晴らしいことなんだって伝えたくなった。もっともっと伝えるステージがしたいと思った。


大事なのはこの一回のステージ。

毎回が「この一回」のステージ。

ただの繰り返しではない、ただこの一回のステージ。


この日の「一月の雨上がり」はすごく良かったと思う。冬はあたたかいものをあたたかいと心から感じるあの感じが好き。去りゆく季節と今日の出会いと再会に、すべてを込めて歌った。


次はまた違うライブがしたい!


#ライブ

#ライブハウス

#ライブバー

#日吉

#日吉Nap

#アコースティック

#アコギ

#弾き語り

#インディーズ

#シンガーソングライター

#冬の歌

0件のコメント

最新記事

すべて表示

シンガーソングライター、長谷川光志って いったい何なのだろう と考えてみる。 考えるほどわからなくなる代表格みたいな思いつきの疑問だけれど、考えてみたくなるときだってあるのだ。 ありもしない答えなら自分で作ればいいし、答えに近づくには比べないことだと思った。ただ自分で自分を「これが自分だ」と言えることってなんだろう、と。 それだけのことが難しい。 いったい僕はこれまでなにを支えにして、なにを指針に

歌と夢