• 長谷川光志

迷い込む













日吉Napでのライブのあと、東神奈川のぞみ旅館に荷物を預けて長崎ちゃんぽんの名店へ。旨し!


呑んで食べてご馳走になった挙句、そこからバー「スターダスト」へ。

深夜の東神奈川を海の方へタクシーを走らせると闇の中にぽつんと一件だけ明かりのついたバーが。周りには何もない。奥の橋を渡ると米軍施設があるんだって。

えいやっと扉を開けて中に入ると突然映画のワンシーンに紛れ込んだような錯覚に。夢かこれ?という感じで、余計な会話もなく、キャッシュオンでコロナビールを注文。

そう。まさに迷い込んだ感じ。あぶない刑事の世界?

店内には70年代製のジュークボックスが。お金を入れてボタンをガチガチッと押して自分で選曲するジュークボックス、初体験!


マイ・ウェイ

火の玉ロック

アイ・ウォーク・ザ・ライン

朝日のあたる家

ラヴ・ミー・テンダー…


100円で3曲聴ける。

選曲するとガチャッ、ガチャッとゆっくりとレコードを探しはじめる。音も素晴らしい。ズブロッカを呑む。

…幸せ。


ものすごく遅い時間に宿に戻ってバタンキュー。


翌日も横浜をぐるっと、シーバスで山下公園へ。今日も天気がいい。水面のキラキラがいい。デッキで語らう恋人たちがいい。中華街。呑んで、食べて、話して、歩いて、シーバスで横浜駅に戻る。寒い中着込んで楽しそうに夕日を見る家族づれがいい。

横浜でとんこつラーメンたまがった。替玉3玉、完食。しばらくは節制の日々だな。


こんな日があってまた明日が始まって、また日吉Napでのライブがくる。


気持ちには気持ちで応える人間にならないと。最高の思い出をまたひとつ、ありがとうございました!


#元祖長崎ちゃんぽん

#東神奈川

#のぞみ旅館

#バー

#スターダスト

#横浜

#観光

#シーバス

#山下公園

#中華街

#たまがった

#とんこつラーメン



0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆