• 長谷川光志

【lyric】棘

ふり返ればいつも いつのときも

後悔ばかりが先に立つ

言葉にせずいつも 僕を見てた

その目が今痛い


抱きしめてほしいの伝え方も

ひとりが怖いと泣くことも 知らなかったわけじゃないんだと

今さら刺さる棘

夕暮れ 壁にもたれて 遠くの風 耳を澄ませる 心はいつか遥か彼方へ

思い出せばいつも笑ってる

その目が今痛い


夕暮れ 春の終わりに

遠い空に思いを馳せる

心がいつか笑えるように


ふり返ればいつも いつのときも

後悔ばかりが先に立つけど

新しい季節の風が吹いた

ここから始めれば

思い出を抱いて

#歌詞 #lyrics #オリジナルソング #棘 #作詞 #祖母 #思い出 #笑顔 #シンガーソングライター #何度でも立ち上がる #ライブ #弾き語り

0件のコメント

最新記事

すべて表示

シンガーソングライター、長谷川光志って いったい何なのだろう と考えてみる。 考えるほどわからなくなる代表格みたいな思いつきの疑問だけれど、考えてみたくなるときだってあるのだ。 ありもしない答えなら自分で作ればいいし、答えに近づくには比べないことだと思った。ただ自分で自分を「これが自分だ」と言えることってなんだろう、と。 それだけのことが難しい。 いったい僕はこれまでなにを支えにして、なにを指針に

歌と夢