• 長谷川光志

ライブは一度きり


ライブはその場その時ただ一回きりのもの。


たとえまったく同じセットリストで同じようなMCでつないだとしても、別物になってしまう。二匹目のドジョウはいないし、だから毎回新しくチャレンジしないとライブにならない。

そのとき生まれた空気に乗って思わず飛び出したアレンジや曲のつなぎに会場も自分もやたら盛り上がったとしても、別のライブで「あのときの感じ」を狙ってもダメなんだ。逆にイメージが狭まって小さくまとまったりする。本当にライブって奥が深いよ。


昨日の下北沢ビッグマウスは、Club Beggerの稲さんバースデーをはじめハッピーに包まれた一日。こんな日に汗だくになって歌えるってホント幸せなことだと噛み締めなきゃならない。帰り道が雨でも一晩寝たら昨日は晴れ。晴れだったことにして、最高の一日だったと記憶に残す。


次のライブがまた楽しみになる。

長い時間のライブがやりたいな。

終わったあと倒れるくらい出し切って

よく冷えたビールが飲みたいな。


#ライブ #下北沢 #下北沢ビッグマウス

#弾き語り #ライブハウス #ライブバー

#シンガーソングライター #アコギ

#diary #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆