• 長谷川光志

地下では今日も素晴らしい瞬間が生まれています。



ここで会ったら歌うたい、ってもんで知らない時間見ていない時間をどんなふうに過ごしていようがあなたは歌うたいなのです。俺もそう思っているし、みんなもそう思ってるよね。


ステージを全力でやるのは全力で叫んで声を枯らすだけじゃないよって何度も教わった上で、やっぱり汗をかきたい叫びたい。ぐっとこらえて、ささやき声で叫びたい。心に汗をかきたい。


夢を語れ、というステージで。

みんなそれぞれのMCがあったんだけど


「夢は嫁さんもらいたいですね」


って言ったあと


「最近ずっと母ちゃんの具合が良くなくて、考えてたんですけど、やっぱり親から見てこいつは大丈夫だと思わせなきゃいけないと思います。だからそれが息子としては、夢だと思います」


と続けたイワカワさんに持ってかれました。

何度も対バンして、日吉でも下北沢でも会ってたし聴いてたけどこんな印象はじめてで、タイミングとはこういうことを言うのだと思いました。すごくかっこよかった。

俺も良かったけど。

実りある一日になりました。

あなたの知らない地下で素晴らしい瞬間が生まれてます。ひとりでも多くの人に、ライブに足を運んでもらいたいと強く思う今日でした。




今日のセットリスト

2020/2/15 日吉Nap「Field Of Dreams」


今、ここにある幸せ

my dear

宇宙

あふれだす

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆