• 長谷川光志

心がけ

待っていたのは、朝日がのぼる瞬間じゃなくて、光線が窓から差し込んでくらくら眩暈がする自分。

目ざめは三日にいっぺんくらいしか気持ちよくないけれど、タバコをふかしたあと階段をおりていくたった14段でからだが目ざめながら軽くなっていく感覚。


シャワーは手際よくしないといつもの急行電車に間にあわないから、出るまえにようく頭を振っておくこと、いわゆるヘッド・バンギングというやつで、これをやるのとやらないとではだいぶ違うんだ。調子がよくないときにやると貧血みたいになって逆効果で、それには注意が必要だけど。


効率化は人生を左右する。

見きわめるんだ、この世界は必要のないことで溢れてる。

俺は思うんだけど、おはようございますと言われて、「ういィす」とかしか返せないヤツがいるとしたらそいつは「ういす星人」だからそのつもりで接したほうがいい。ういす星人はういす星人同士で挨拶をするほうが効率がいいんだ。ちいす星人ってのもいるけど同じようなものさ。中にはかんぜん無視をきめこんでくるヤカラまでいて、そんなときには「聞こえなかったんヤカラ仕方ないか!」とおどけてみせればいいんだ。とにかく、心の通じない人と無理して通じ合おうとする必要はないんだよ。残りの時間ときちんと向き合うことだ。うしろで消えてしまった時間を感じること。振り返る必要はないし、悩む時間なんてないんだ。そう、効率化の話だったね。


ときに俺は気づいてしまった。

たとえばきらいな人間がいて、一緒にいるのもイヤなんだ。価値観が不一致なんだ。できれば顔もみたくない、会話をせずにすむのならそうしていたいってヤツと一緒になにかをしなければならない悲劇が、生きてればどこかのタイミングでやってくるものさ。


そんなとき、原因はたいてい自分の中にある。こちら側の問題なんだ。あいつがどんなに非道なヤツだとしても、イヤだと感じているのは自分自身なんだから。それを脱するための具体策はひとつ、自分がどうふるまうかでしかないことを忘れちゃいけない。つまりは自分を捨てるのか、ヤツを捨てるかって二択なのさ。


自分を捨てればあいつの良いところが見えてくるし、あいつを捨てれば自分の弱いところにフタをすることになるからどちらも変わらないってことなんだ。だからつまり、そういうことなのさ。


とにかく悩んでる時間なんてないんだ。前提がおかしいんだ。ぼくらには保留音を聞きながらあの子が電話口に出るのを待ってるくらいの時間しか与えられていないんだから。


明日はとにかく、シャワーを出るまえに、ようく頭を振っておくことさ。


#心がけ #詩 #待っていたのは #眩暈 #シャワー #ヘッドバンギング #見きわめる #価値観が不一致 #保留音 #二択 #効率化

最新記事

すべて表示

こころ

心に負った傷が痛んで、疼いて、それが続いてもうダメかもしれないというところまで耐えたとき、君の近くに君と同じように痛みに耐えている人がいることに気付くだろう。 そして、その人のために何かできることはないか考えるはずだ。 そのとき「こころの超回復」がおこる。 前よりも強く、優しい君になる。 想像することの前には常に体験がある。 それを繰り返して少しずつ大きく、深い君になっていく。 #日記 #詩 #こ

0グラム

たとえば「光」という文字 それ自体が光を放つわけではない。 ひとり「愛」と囁いてみても 言葉自体に愛は内包されていない。 「幸せ」も「楽しい」も 「苦しい」もほかのどんな言葉も それだけを抽出すしたら単なる記号で 重さ0グラムの頼りない記号。 実体不在の器みたいなものだから そこに意味を注ぎこみ、 存在する意味を与えるのは 言葉を使う人間に完全に委ねられている。 たとえば刃物をどう使うかで 人を生

壊せ

集団は異物を叩く。 多数の中の少数を叩く。 男の中の女を叩く、女の中の男を叩く。 考え方の違う奴を、思想の違うやつを できない奴をできる奴が、 できる奴を出来ない奴が叩く。 見た目の突飛な奴を、目立つ奴を、 様子のおかしい奴を叩く。 若い奴が年寄りを叩く。 大人は若者を叩く。 人は多数の側に滑り込んで 息を潜めたい動物だ。 犬や猫のように表現もできず、 全能だと言わんばかりの顔で 黙っている。 空

  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA