• 長谷川光志

Keep on

すり減らしているんじゃない

磨いているんだ

削っているんじゃない

尖らせているんだ

生きているってことは

感じること

感じることをやめないこと

考えること

考えることをやめないこと

一日を布団の中で過ごそうが

歩き回ってくたくたになろうが

オフィスの中できつーく絞られようが

やめない

足止めを食らったとしても

考えることをやめない

思うことをやめない

不自由だらけのこの場所からいつでも

解き放ってくれるイマジネーション

生きている証

絶対に用意されていない答えに向かって

毎秒を考える思う悩む

悩め

答えの出しようのない不思議に向かって

今日も考えるあしたも考える

いつまでも考える

自分だけの悩みを悩み尽くす

不可思議不条理不一致不安定

考えるだけ時間の無駄と誰からも

相手にされないことからまず突っ込んでいけ

それを自分のこととして引き寄せる

存在しないはずの共鳴

聞くんだ耳を澄ませて

考えることは探すこと

答えを見つけることが正解じゃない

そんな簡単な話じゃないんだ

答えのないことについて考えろ

永遠の暗闇の中で

無限の空間の中でひとりで

なぜ?

どうして?

そんなすべての謎に立ち向かう

考えるべき問題が地球上にはごまんとある

考えるに値しないように見える問題もまた無限に

存在しないものを考える

存在しないことを考える

在ることについて、無いことについて

延々と思い考え何度も巡る歩くように考える

心について考える

思うということについて考える

考えることについて考える

よろこび悲しみ驚き悔しさねたましさ

なぜ、好き?

どうして嫌い?

出てくる答えはまず疑え

でなければ答えがスタートだ

なぜ?に対して用意された答えから

またはじまるそこからがほんとうの

考えるということ

考えつづけて

次にたどりついた地点から

また考える

何度でも飛翔する

何度でも沼に足をとられる

誰に褒められることもないし

誰からも評価されないこと

向こう側に落ちたらもう戻ってこららない

そのぎりぎり限界のふちにとどまって

考え続けろ


#詩 #poem #詩作 #ポエム #考える #keepon #思う #悩む #イマジネーション #創作 #表現 #シンガーソングライター #生きる #飛翔

最新記事

すべて表示

こころ

心に負った傷が痛んで、疼いて、それが続いてもうダメかもしれないというところまで耐えたとき、君の近くに君と同じように痛みに耐えている人がいることに気付くだろう。 そして、その人のために何かできることはないか考えるはずだ。 そのとき「こころの超回復」がおこる。 前よりも強く、優しい君になる。 想像することの前には常に体験がある。 それを繰り返して少しずつ大きく、深い君になっていく。 #日記 #詩 #こ

0グラム

たとえば「光」という文字 それ自体が光を放つわけではない。 ひとり「愛」と囁いてみても 言葉自体に愛は内包されていない。 「幸せ」も「楽しい」も 「苦しい」もほかのどんな言葉も それだけを抽出すしたら単なる記号で 重さ0グラムの頼りない記号。 実体不在の器みたいなものだから そこに意味を注ぎこみ、 存在する意味を与えるのは 言葉を使う人間に完全に委ねられている。 たとえば刃物をどう使うかで 人を生

壊せ

集団は異物を叩く。 多数の中の少数を叩く。 男の中の女を叩く、女の中の男を叩く。 考え方の違う奴を、思想の違うやつを できない奴をできる奴が、 できる奴を出来ない奴が叩く。 見た目の突飛な奴を、目立つ奴を、 様子のおかしい奴を叩く。 若い奴が年寄りを叩く。 大人は若者を叩く。 人は多数の側に滑り込んで 息を潜めたい動物だ。 犬や猫のように表現もできず、 全能だと言わんばかりの顔で 黙っている。 空

  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA