• 長谷川光志

泳げない夢

更新日:2019年10月16日

音楽の海ならば溺れてもいい。


言葉の海ならば溺れてもいい。


ゆらりゆらりと漂っていたい。


波にのまれて息が苦しくてもいい。


ときには暗い深海までもぐっていって


不思議なかたちでひそんでいるいきものを観察、


気がすんだら光のほうに向かってあがっていきたい。


海は生きているからどこまでもずっと続いていて


いろんな障害物のすきまを通って


さえぎるものがない大きな場所にでたら


そこが自分になっていたい。



積み重ねてあったCDと漫画と詩集を


全部崩して部屋を音楽とことばとらくがきで埋め尽くす


その中でたとえば小さな虫になる。


どこまでいっても音楽は流れて、


いつまでたっても物語は終わらない。


虫になってしまったから


グレイプバインはケースに仕舞えないし


逢沢りくを棚に戻すこともできない。



#泳げない夢 #音楽 #ことば #詩 #グレイプバイン #逢沢りく #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

理由

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆

レアンカルナシオン

これは間違いだ、ということは間違いがなかった。 「わたしはどこかで道を間違えたんだ。」とはっきり彼女は思った。ただ過去のどの場面で、どの選択を謝ったのかはすぐにはわからなかった。 数えきれない選択のすべてを《正解》で数珠つなぎにしたような、私が歩むべき理想のコースがあって、それをあるとき一歩踏み外したのだ。その一歩がどれだけ致命的であるかを思い知った。 踏み違えたポイントを起点にして、あとはどれだ