• 長谷川光志

泳げない夢

最終更新: 2019年10月16日

音楽の海ならば溺れてもいい。


言葉の海ならば溺れてもいい。


ゆらりゆらりと漂っていたい。


波にのまれて息が苦しくてもいい。


ときには暗い深海までもぐっていって


不思議なかたちでひそんでいるいきものを観察、


気がすんだら光のほうに向かってあがっていきたい。


海は生きているからどこまでもずっと続いていて


いろんな障害物のすきまを通って


さえぎるものがない大きな場所にでたら


そこが自分になっていたい。



積み重ねてあったCDと漫画と詩集を


全部崩して部屋を音楽とことばとらくがきで埋め尽くす


その中でたとえば小さな虫になる。


どこまでいっても音楽は流れて、


いつまでたっても物語は終わらない。


虫になってしまったから


グレイプバインはケースに仕舞えないし


逢沢りくを棚に戻すこともできない。



#泳げない夢 #音楽 #ことば #詩 #グレイプバイン #逢沢りく #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

draw the line

いまからここに まっすぐ線を引きます。 draw the line つなぐ。 隔てる。 切れ端。 続いていく。 境界。 区切れない世界。 あなたにはどう見えるか。 このまっすぐな 一本な線。 #詩 #poem #線 #LINE #ポエム