• 長谷川光志

ごめんよ梅雨。

歌うたいにとって、梅雨はもっとも憂鬱な季節。


僕らは楽器を持って出かけてゆく。

アコースティックギターは木でできているので湿気には神経を使うし、びしょびしょに濡れるなんてもちろんご法度だ。


雨降りの日はなかなかのもので、


左手にギターケースを抱えて

背中には物販や衣装を詰め込んだリュック

右手に傘を持ったら


ポケットの中でスマホが鳴ってもそう簡単に取り出すことができない。コンビニでコーヒーを買いに入るにもすこし気合が必要だ。雨降りかどうかというだけで機動力がまるで違ってきてしまうのだ。


それでも毎年、必ず梅雨はやってくる。


梅雨の間ももちろんライブに出かけて行く。機動力は落ちるけれど、道中は期待感に満ちている。雨は俺にも降るけれど、聴きにきてくれるみんなにも同じように降る。雨の中を来てくれるお客さんたちをどうやったら満足させられるか、考え始めたら雨なんて関係なくなってしまう。


その場所で待っているなにか。

その場所で会える誰か。


それがどんなに大きいものか、「無観客配信ライブ」に向かう電車の中でひとり考えている。今日は画面を通して、向こう側で聴いてくれているみんなを思い浮かべて歌う。シンガーソングライター は想像力で生きてる人種だからね、この歌がみんなのいる場所まで届いているというポジティブなイメージなんて朝飯前だよ。

そして想像しよう。次にみんなとその場所で、ライブハウスで、思い切りハグする瞬間を。笑って乾杯する瞬間を。会場がひとつになるようなライブを。それをしている自分を。そのときのみんなの表情を。


日吉まであと20分。

車窓からは雨がずいぶん小降りになったように見える。駅についたらライブハウスまで傘をささずに行けたら、いま思いつく中で一番幸せなことだな。


ごめんよ、梅雨。

歌うたいにとってもっとも憂鬱な季節。


#梅雨入り #梅雨 #ライブ #ライブハウス #シンガーソングライター #楽器 #アコースティックギター #日吉Nap #日記 #diary



0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆