• 長谷川光志

人類の火

ごらんなさい、


あれは火です。


人類が生み出したもっとも美しいもの

決して消えることのない火


目を凝らしてよくごらんなさい

青く燃えているのが見えるでしょう


人類が生み出したもっとも美しい

あれは火です。


あの火が燃えつづけるおかげで

いつでも昼間のようにあかるく

この星には夜がなくなりました。


見えないという苦しみから人びとは

解放されたのです。


それだけではありません

ありとあらゆる娯楽、サービス

私たちが手にしているすべての利便性は

あの火のおかげでここにある。


こうこうと町ぜんたいが光っているでしょう


美しく。


町はいろんなことを忘れさせてくれます


光る町は人びとの心の片隅から

不安を消し、さびしさを消し

考えなければならないたくさんのことを

忘れさせてくれるのです。


だからこの町の人たちは誰もが

いつも笑顔でいられます。


あれは命の火なのです。



ただ、


光る町は夜をおいやりました

夜にしか見えないものを

なくしてしまいました。


わたしもこのような体になり

夜の空に浮かぶ星というものが

見たいと思うようになったのです。


もうすぐわたしも星になるようですから。


ただ、困ったことに


火の消し方を知っている人たちは

ずいぶん昔に皆なくなってしまった。


今では、誰もあの火の消し方を

知らないのです。


#詩 #ポエム #poem #詩作 #人類の火 #光 #美しい #不安 #星 #夜空 #シンガーソングライター

最新記事

すべて表示

こころ

心に負った傷が痛んで、疼いて、それが続いてもうダメかもしれないというところまで耐えたとき、君の近くに君と同じように痛みに耐えている人がいることに気付くだろう。 そして、その人のために何かできることはないか考えるはずだ。 そのとき「こころの超回復」がおこる。 前よりも強く、優しい君になる。 想像することの前には常に体験がある。 それを繰り返して少しずつ大きく、深い君になっていく。 #日記 #詩 #こ

0グラム

たとえば「光」という文字 それ自体が光を放つわけではない。 ひとり「愛」と囁いてみても 言葉自体に愛は内包されていない。 「幸せ」も「楽しい」も 「苦しい」もほかのどんな言葉も それだけを抽出すしたら単なる記号で 重さ0グラムの頼りない記号。 実体不在の器みたいなものだから そこに意味を注ぎこみ、 存在する意味を与えるのは 言葉を使う人間に完全に委ねられている。 たとえば刃物をどう使うかで 人を生

壊せ

集団は異物を叩く。 多数の中の少数を叩く。 男の中の女を叩く、女の中の男を叩く。 考え方の違う奴を、思想の違うやつを できない奴をできる奴が、 できる奴を出来ない奴が叩く。 見た目の突飛な奴を、目立つ奴を、 様子のおかしい奴を叩く。 若い奴が年寄りを叩く。 大人は若者を叩く。 人は多数の側に滑り込んで 息を潜めたい動物だ。 犬や猫のように表現もできず、 全能だと言わんばかりの顔で 黙っている。 空

  • 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA