• 長谷川光志

人類の火

ごらんなさい、


あれは火です。


人類が生み出したもっとも美しいもの

決して消えることのない火


目を凝らしてよくごらんなさい

青く燃えているのが見えるでしょう


人類が生み出したもっとも美しい

あれは火です。


あの火が燃えつづけるおかげで

いつでも昼間のようにあかるく

この星には夜がなくなりました。


見えないという苦しみから人びとは

解放されたのです。


それだけではありません

ありとあらゆる娯楽、サービス

私たちが手にしているすべての利便性は

あの火のおかげでここにある。


こうこうと町ぜんたいが光っているでしょう


美しく。


町はいろんなことを忘れさせてくれます


光る町は人びとの心の片隅から

不安を消し、さびしさを消し

考えなければならないたくさんのことを

忘れさせてくれるのです。


だからこの町の人たちは誰もが

いつも笑顔でいられます。


あれは命の火なのです。



ただ、


光る町は夜をおいやりました

夜にしか見えないものを

なくしてしまいました。


わたしもこのような体になり

夜の空に浮かぶ星というものが

見たいと思うようになったのです。


もうすぐわたしも星になるようですから。


ただ、困ったことに


火の消し方を知っている人たちは

ずいぶん昔に皆なくなってしまった。


今では、誰もあの火の消し方を

知らないのです。


#詩 #ポエム #poem #詩作 #人類の火 #光 #美しい #不安 #星 #夜空 #シンガーソングライター

0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたは永遠に笑顔の人であるべきだ

壊して快感を得る人がいれば 繕って喜びを感じる人がいる 傷つけて遠ざける人がいれば 手当をして寄り添う人がいる 奈落に突き落とす人がいれば 崖から手を差伸べる人もいる 言葉で誰かを抉る人がいれば 言葉で心に光を灯す人もいる 不思議だこの世にはちゃんと あらゆる人が一緒に生きている 大きな声でよく笑うあなたの笑顔が どうしてこんなに美しく映るのか 流行に敏感だとか仕事が出来るとか そんなのは得意な人

draw the line

いまからここに まっすぐ線を引きます。 draw the line つなぐ。 隔てる。 切れ端。 続いていく。 境界。 区切れない世界。 あなたにはどう見えるか。 このまっすぐな 一本な線。 #詩 #poem #線 #LINE #ポエム