• 長谷川光志

その時は迫る

ビッグバンの前だって、ぎゅーっとエネルギーを蓄えていたわけでしょう。


つまりそういうことだと思う。


それでいいんだと思う。


心を壊すことも殺すこともしちゃいけないし、できないわけだから、そういうときが必ずくるわけだから、そこに向けて準備だけはしておかなきゃならない。


生きているうちになにかひとつに縛られなさいというきまりがあるとしたら、それが何であるかというのが問題で、もしかしたら何を選ぶかを自分で決めるより、何に縛られるかを自分で決める。そのほうがよっぽど大切なことなのかもしれない。


天命とでもいうような。やるべきことが無限だと感じても、実はひとつしかないかもしれない。たったひとつと決まっていて、そのことにもう気付いているかもしれない。


逃げたと思われてもいいじゃないか。

すべて変わったじゃないか。

価値観もやり方もすべて砕け散った。

それを僕らは何度も経験してきたじゃないか。


自分が決めた場所へ旅立っていくとき、人はいろんな言い方で評するものだ。


右手と左手でバランスをとって、右目と左目で目的地を見定めて、右足と左足で大地を蹴っていくんだから。自分の声を聞いていくんだから。心が、そう言っているんだから。


#詩#ポエム #poem #日記#じゃないか #シンガーソングライター #今 #現在 #ビッグバン #旅立ち #束縛

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆