• 長谷川光志

インフルエンス



どんどん影響されればいい。

侵食されてぐらつく芯ならさっさと消えてなくなってしまえ、だって絶対にそんなことないんだから。


今でも「奥田民生っぽいよねえ」って言われることがあって、そのあとだいたい「いい意味でね。」

全然イヤじゃない、だって弾き語りを始めたきっかけの一人だから。

イエローモンキーのほとんどパクリみたいな曲を書いていた頃にも、イエローモンキーっぽいね、とは言われたことのない不思議。最初は誰かのマネをするものさ、最初からまるきり自分流なんて信じられない。そんな人いるのかな、いるのかもしれないな。でもロックンロールをやってる人の中にはただの一人もいないんだけどね。


トム・ペティが好きすぎて、ある曲のコード進行をほとんどそのまま借りて、これはパクリじゃない、オマージュだとか言って曲を作ったことがあるけど、その曲はただの一度もライブでやらないまま、今じゃ思い出すこともできない。つまりパクリだったんだ。好きってことはそういうことじゃないんだ。影響を受けるってことはそういうことじゃない。でもそんな経験を繰り返すことなんだとは思う。繰り返すうちに好きのほんとうに大事な部分が見えてきて、それが積み重なって自分というものが見えてくると思う。


山本夏彦を読めばそっちに寄り、

アーサー・ビナードを読めばそっちに寄り、

大島渚を、園子温を、東海林さだおを、池波正太郎を…

好きの正体を探す旅の中から、少しずつ、でも確実に

自分というものが姿をあらわしてきてる。

わかった気になっては更新して

どんどん自分になっていく。


最果タヒ「死んでしまう系のぼくらに」を読んで。


#影響 #感化 #インフルエンス #influence #最果タヒ #死んでしまう系のぼくらに #詩集 #リトルモア #奥田民生 #イエローモンキー #トムペティ #山本夏彦 #アーサービナード #大島渚 #園子温 #東海林さだお #池波正太郎 #好きの正体

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと