• 長谷川光志

HOKUSAI




北斎展を観たのは8月の終わりでした。


画業、実に70年。

生涯に93回も住まいを変えた転居癖。

数えきれない作品群。

時代によって画風を変化させながら

革新的な表現を求めた画家。

展示の入り口、一番最初のパネルに

「Never too late」とあった。


あの「神奈川沖波裏」で有名な富嶽三十六景は、60歳前後のときに描かれたものと知って驚いた。その後も精力的に描き続け、晩年は炬燵にもぐったまま筆を動かし続けたという弟子の記録がある。食べ終わっても片付けることもせず、描いては寝て起きては描いたという。一生を絵を描くことに捧げた。


「七十三才にして稍禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり。故に八十才にしては益々進みら九十才にして猶其奥義を極め、一百歳にして正に神妙ならんか。百有十歳にしては一点一格にして生るがごとくならん」


死の直前には「神があと三年永らえさせてくれたら、もっといい絵が描けるのに!」というようなことを言った(と、解説があったと思う)。


こんなことばを聞くたびに、俺は勇気づけられてしまうんです。

本を読むことが死んだ人と話をすることなら、絵をみることはその生を目に焼き付けることと見つけたり。


#葛飾北斎 #北斎展 #sogo #画家 #神奈川沖波裏 #富嶽三十六景 #画狂老人卍 #北斎漫画 #憧れ #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆