• 長谷川光志

しあわせの連鎖



8月16日は下北沢bigmouth。

忘れたくない夏の夜。


嬉しいニュースは心を弾ませ

人々を幸福の連鎖でつないだ。

ライブハウスは出会いも別れも

たくさん与えてくれた場所だけど

こんな日があるからこそ、ここには

愛も夢もちゃんと存在していて

今日も誰かを待っているんだと

扉はずっと開かれているんだと

俺は嬉しくなってしまった。


SNSに今日も悲しい別れのニュース

でもこんなに身近なところに

飛び上がって声あげたくなるような

本気の拍手をしたくなるような

真っ白になって総毛立つような

幸せがたしかに生まれている。

そう、すぐ近くでね。


この夜響いた拍手、ながれた涙は

単なる祝福だけではなく

きちんと音楽にも向けられていた。

音楽が過去の道のりと現在の幸せを

全部教えてくれていたから。


斉藤みつるさん、ゆうこさん

おめでとうございます!

ここからの長い長い旅を楽しんで

お幸せに!!


#下北沢bigmouth #ビッグマウス

#下北沢  #ライブ

#ライブハウス

#ライブバー

#弾き語り

#アコースティック

#シンガーソングライター

#しあわせ

#幸せ

#結婚

#おめでとう

#嬉しいニュース

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆