• 長谷川光志

世界を変える旅に出よう


世界を変える旅に出よう。


僕はギターを一本持って、君は好きな本を一冊だけ持って。何もこわいものなんてないのさ君がいてくれたら。


ふるえたり寂しくなったりするだろう。

涙がこぼれる日も、発見する日もあるだろう。

不安になる日も、信じることをあきらめそうになる日もあるだろう。

そのときは僕が、ギターを弾いて歌うんだ。

君の心に灯りがともるまで、何かを待ち遠しくなる気持ちが戻るまで。君の笑顔が君に帰ってくるまで歌うんだ。このギターはきっとそのためにここにある。


世界を変える旅に出よう。

誰かが迎えにきてくれるより先に、

心がステップを踏んで駆け出していくそのとき

このギターが伴走するだろう。

心躍るようなリズムを刻んで、

会いたかった人のところへ走って行くときのあの

いままで聞いたこともなかったメロディを

これから俺が歌ってあげる。


世界を変える旅に出よう。

ひとりじゃない世界をふたりでひらくんだ。

どこまでも歩いて行った先で出会うのがあの日の自分だったとしても、それでも旅を続けよう。何もこわくないんだ、君が一緒なら。

いつもの景色と、まだ誰も見たことのない景色をふたりで眺める旅に出よう。

お気に入りの歌と、まだこの世に生まれたことがない曲を、これからふたりで歌って歩いていくんだ。


君のことが好きだよ。

ぼくと、世界を変える旅に出よう。


#ZERONOMIX #ゼロノミックス #バンド #ロックバンド #ソーシャルロック #パワーシフト #すべての電気を変える #パワーシフトキャンペーン #世界を変える #旅に出よう #詩 #ライブ #ギター #ゼロノミクマ #脱原発

0件のコメント

最新記事

すべて表示

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆

レアンカルナシオン

これは間違いだ、ということは間違いがなかった。 「わたしはどこかで道を間違えたんだ。」とはっきり彼女は思った。ただ過去のどの場面で、どの選択を謝ったのかはすぐにはわからなかった。 数えきれない選択のすべてを《正解》で数珠つなぎにしたような、私が歩むべき理想のコースがあって、それをあるとき一歩踏み外したのだ。その一歩がどれだけ致命的であるかを思い知った。 踏み違えたポイントを起点にして、あとはどれだ

あなたは永遠に笑顔の人であるべきだ

壊して快感を得る人がいれば 繕って喜びを感じる人がいる 傷つけて遠ざける人がいれば 手当をして寄り添う人がいる 奈落に突き落とす人がいれば 崖から手を差伸べる人もいる 言葉で誰かを抉る人がいれば 言葉で心に光を灯す人もいる 不思議だこの世にはちゃんと あらゆる人が一緒に生きている 大きな声でよく笑うあなたの笑顔が どうしてこんなに美しく映るのか 流行に敏感だとか仕事が出来るとか そんなのは得意な人