• 長谷川光志

金色の思い出

ふたつめの台風がじわじわと関東に迫っている。みっしりと重たい雲を眺めつつ歩いていたら、まったく関係ないことを思い出した。


あれはたしか小学生のころ、図工の時間に絵を描いていた。画用紙いっぱいに水彩の絵の具、あれが果たしてどんな課題だったのかは忘れたが記憶の中の俺は「天使が空の上から町を見下ろしている」絵を描いていた。


生徒たちの絵にアドバイスしながら教室を巡回していたダミ声小太りの元気なおばちゃん先生が、ほぼ描き終えた俺のところにやって来た。そして最後の仕上げにイメージ通りのゴージャス感を出そうと金色の絵の具のチューブを絞っている俺に対しておばちゃんはこう言った。


「あんたダメ、金色使っちゃダメよ!金色使うとコンクールで賞が取れなくなるよ!」


同じようなことをダミ声で何度も言った。その人はとても気さくで飾り気のな好きな先生だったけれど、俺はそのとき


「コンクールで賞を取るために描いてるんじゃないや」


と言って、その金色を思い切り絵の中にまぶしていった。そうして、たしかにその絵は金色を使ったから(という理由かどうかはハッキリしないけれど)コンクールで「銅賞」だったのだ。


と、ここまでが俺の記憶の中のストーリー。なにかとなにかをつなげて脳が勝手に作ったにしてはやけに明瞭な記憶。


気づくのは、この頃から俺はほとんど変わっていないということだ。芯の部分は本当に、結局、今もこのままなのである。恥ずかしいくらい頑固なのだ。


大人になって“たまには賞を狙いにいくのもありだな”と思うようになったけど。



当時は絵ばかり描いてる子どもだったんです。なぜ突然こんな場面がフラッシュバックしたのかはわからんけど。


#記憶 #ストーリー #金色 #小学校 #絵の具 #コンクール #銅賞 #画用紙 #先生 #思い出 #日記 #ブログ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆