• 長谷川光志

FLYER


ライブハウスに行くとフライヤーというのが置いてあったり、受付で配られたりしますね。わかりやすく言えばチラシです。アーティストの宣伝チラシ。


あれ、もらった人はみんなどうしてるんだろう。

多分興味ない人のチラシとかって捨てちゃうんだよね。そのときはいちおうカバンにしまったり、ライブハウスの中ではなんとなく眺めたりしても、きっと家に帰ったら捨てちゃうと思うんだ。全部とっておいたらかさばるし、そもそも要らないものはゴミ箱行きだろうと。自分が好きなアーティストのはコレクションしてるって人がいると思うけど、それすらたまってきたら場所とるしね。


応援してくれてる人は、すでにURLもライブの日程も自分で調べて知ってますって人も多いし、知らなかった人にフライヤーだけで興味を持ってもらうのは至難の技。ならばフライヤー自体をひとつの作品にしてしまえと、最近はライブ告知もホームページのアドレスもない「詩」だけ、というのを配ってます。気になれー気になれーという魂胆で。


なにが正解かなんてわかりませんが、とにかく考えながらいろいろやってみるのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆