• 長谷川光志

FLYER


ライブハウスに行くとフライヤーというのが置いてあったり、受付で配られたりしますね。わかりやすく言えばチラシです。アーティストの宣伝チラシ。


あれ、もらった人はみんなどうしてるんだろう。

多分興味ない人のチラシとかって捨てちゃうんだよね。そのときはいちおうカバンにしまったり、ライブハウスの中ではなんとなく眺めたりしても、きっと家に帰ったら捨てちゃうと思うんだ。全部とっておいたらかさばるし、そもそも要らないものはゴミ箱行きだろうと。自分が好きなアーティストのはコレクションしてるって人がいると思うけど、それすらたまってきたら場所とるしね。


応援してくれてる人は、すでにURLもライブの日程も自分で調べて知ってますって人も多いし、知らなかった人にフライヤーだけで興味を持ってもらうのは至難の技。ならばフライヤー自体をひとつの作品にしてしまえと、最近はライブ告知もホームページのアドレスもない「詩」だけ、というのを配ってます。気になれー気になれーという魂胆で。


なにが正解かなんてわかりませんが、とにかく考えながらいろいろやってみるのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと