• 長谷川光志

選べる未来

最終更新: 2018年11月8日




11月3日、国分寺カフェスロー「自然エネルギーでいこう!」トーク&ライブ。


電気を選ぶことは未来を選ぶこと。

生活と切っても切れない電気。それを自分で選ぶことは、一番身近にできる未来への意思表示なんだよね。大切なことをわかりやすく伝えること。言葉。態度。この日参加した皆さんにたくさん教わりました。


電力会社を変えるのはスマホの機種変するより簡単なんだ。これ本当なんだよ。自分でやったからよくわかる。ネット手続きならどんなにかかっても15分。今使ってるところを解約する必要もないんだ。


>>パワーシフトキャンペーン


悩んでる人はパワーシフトキャンペーンのサイト見るのが一番。俺もこのサイトにとても助けられて、難なく湘南電力に切り替えられました。

再エネメインの電力会社はそれぞれ独自のサービスを展開してるから選ぶのも面白いと思う。ちなみにうちは支払う電気料金の一部を「地域の伝統文化振興に使う」というコースを選んでます。なんかいいでしょ。電気使うことがダイレクトに地域とのつながりになってる。


なんだか事業者のような口ぶりだけど

俺あくまで歌うたいだから笑


電気を考えるという大切なイベントに音楽で参加できることがとても嬉しい。音楽とは別の出会いがたくさんあることも嬉しい。エネルギッシュな人ばかりだからね!


この日のセットリスト

①across

②ちっこいボクのでっかい夢

③すべての電気を変えろ



ゼロノミクマは休憩時間、皆さんがスローなフードに舌鼓打ってるときに「枯葉」を弾いてたよ。

(写真上3枚はFoE Japan撮影)




#パワーシフト

#パワーシフトキャンペーン

#国分寺

#カフェスロー

#電気を変える

#未来を変える

#ZERONOMIX

#ゼロノミクマ

#ゆるキャラ

#ライブ

#アコースティック

#トーク

#自然エネルギー

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆