• 長谷川光志 Facebookページ
  • Instagram
  • 長谷川光志 Twitter
  • White SoundCloud Icon
  • 長谷川光志 YouTubeチャンネル
  • Tumblr

神奈川県-東京−日本

hiroshihasegawa2015@gmail.com

© 2010-2017 HIROSHI HASEGAWA

  • 長谷川光志

《endeavor》

最終更新: 2017年11月28日


大胆不敵な自分とひどく臆病な自分。


それは今でも自分の中にどちらも存在していて、いつもせめぎ合っているような気がする。完全に消し去ることができないのならば、臆病さも自分が歩いていくために味方につけられないだろうか。


《endeavor》は、まだ歌詞がつく前から「エンデバー」と歌っていたんだ。「ウェンネバー」だったかもしれないけど。とにかくできた曲にあわせて自然に口ずさんでいた。なんで「エンデバー」て言葉が出てきたのかわからないけれど。


《endeavor》という単語の意味を調べて鳥肌が立つくらい感動したんだよ。ああこれは曲と、言葉に導かれたんだなあと思った。それくらいこの曲に抱いていたイメージと、そのときの自分の心境をズバリと言い当てる言葉だった。「君の心境、置かれた状況をひとつの単語に言い換えたら?」の答えのような、まさにそんな感じで。


作曲には、そんな不思議なことがときどき起こるんだ。


どういう意味かはここには書かないよ。

その一致がカッコ良すぎて、なんだかカッコ悪いよ。

《endeaver (short.)》

小田急相模原エルトピート「井上ヤスオバーガーvsおださが軍団」ライブで撮影していただいた写真。撮影は森京子さん。嬉しくて短いPV風にしてみました。


誰だって勇気を出して、強さと弱さを乗りこなして、風を切って前に進んで行くんだ。

endeavor、行こう。


京子さん、ありがとうございます!


#endeavor #エンデバー #言葉 #歌詞 #意味 #PV #ライブ写真  #小田急相模原

#エルトピート #日吉Nap #不思議